2020年11月16日

葬儀に供花を送る際のマナーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訃報が届いて葬儀に参列はできない場合には、供花を送るケースが多いですが、その際に気をつけておかなくてはならないのが勝手に花屋に依頼して届けないようにするという点です。花屋では勿論葬儀に関する花も準備してもらうことは可能ですが、葬儀会場の雰囲気もあるのでバランスが合わなくなってしまう供花は飾ってもらえないこともあります。葬儀を執り行う会場や業者に問い合わせて、送っても問題ないか聞いてみるようにしましょう。

2020年11月12日

葬儀の代わりにお別れの会をする際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の代わりにお別れの会を開催したい場合には、参加者の招待の仕方や会場の選び方、予算の決め方など色々な点に注意をすることが大切です。最近では、様々な葬儀のプランにきめ細かく対応している業者がたくさんあるため、希望に合う形で準備を進めることが可能です。大手の葬儀社の中には、お別れの会のための会場のセッティングや料理の手配、供花の飾りつけなど色々なサポートをしてくれるところもあるため、早い時期から信頼のおける業者の最新の資料をチェックしておくことが大事です。

2020年11月08日

供花を贈りたいときにはどうするのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式に絶対に必要なものは何かと言えば、まずは祭壇でしょう。祭壇があってこその葬式といえます。他にも大きな会場は必要でしょうし、遺骸が入ることになる棺桶なども重要な道具です。しかし、会場を彩るものとしてあるのが花です。この葬式に使うことになるお花のことを供花といいます。この供花ですが、遺族が自分たちで用意するということもありますが参列する人が贈るということもあります。葬式があるということが情報として伝わってきた時に、どこでやるのかというのもわかります。

2020年11月03日

家族葬ではどのようなことをするか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな葬儀が主流となる中で、主立っているのが家族葬です。一般葬と比べると規模は小さく、それに、家族などの近親者のみで葬式が行われることから、割と融通がききやすいと言われています。では、一体家族だけの葬儀はどのようなことが行われているのでしょうか。流れは一般葬を基本とすると、かなり簡略化することができます。場合によっては告別式を行わず、直葬だけをおこなうという家族葬も至るところで見られるようになりました。

2020年10月28日

親族と連携してお花を出すことを決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に、葬儀というのは例外を好まない傾向が強いです。規定通りに行う事が故人のためにも好ましいことであるとの考えから、先例に則って葬儀を執り行うことが重要です。そのため、親族や友人としてお花を出したいと考える場合には、必ず周囲と相談をすることです。まず、親族の場合は予算を話し合った上で親族に対して、お花を出すことを伝えます。親族の場合、葬儀にお花を出すことになるため、周囲と協力し、打ち合わせをしながら事を進めておくことが何よりも大切なことです。