2020年12月27日

葬儀といえば供花が必須になります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式には欠かせないものとしてお花があります。これは供花と呼ばれるものになりますが、色々な人が用意します。喪主もある程度は用意することになりますが参列する人が備えるというパターンもあるのでかなりの人数が参列する場合などには喪主がほとんど用意しなくてもそれで間に合うということもあります。いくつ以上ないと駄目ということもないですが、祭壇にはそれなりの花が添えられていた方が見栄えがするというのは間違いないです。

2020年12月25日

お別れの会であいさつをする機会を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終活を進める中で、生前葬など、いろんな挨拶の仕方があることを知り、準備を早めに進める方もたくさんいます。健康面で影響が出たときに、遠くに住む友人に会いに出かけるのが難しくなる方も多いため、お別れの会をするなど、生前葬を考えていくことも大事なポイントです。仲の良い友人とコミュニケーションをとる機会を作ることができれば、学生時代の思い出話など、いろんな話ができるようになります。会って話をしたかったけれど、なかなか機会を作ることができずに困ってしまう方も多いため、挨拶をしっかりと進めていけるようにすることも大事なポイントです。

2020年12月20日

供花に関する知識を身に付けておきたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な人の葬儀や法事などに参列する機会が多いので、供花に関する知識を身に付けたい人が増えています。基本的にはお花は故人に直接届ける物なので、基本的なマナーや決まり事はあります。薔薇やあざみなどの棘のある花は避ける必要があります。スズランや彼岸花などの毒のある花もふさわしくないと言われています。大切な人が亡くなって、四十九日が過ぎるまでは白い花を使用することが多いです。白菊や白百合などは定番になっています。

2020年12月09日

供花の準備をするときには早めの打ち合わせが肝心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の当日に希望通りの供花を手配したい場合には、早めに葬儀社の担当者と打ち合わせをして、具体的な花の本数やコーディネートのポイントについて確認を取ることが大事です。顧客満足度が高い葬儀社の中には、近隣の生花店と提携をして手ごろな料金で鼻の手配を代行してくれるところもあるため、積極的に信頼のできる会社とコンタクトを取ることがおすすめです。また、花の種類や本数、飾りつけの方法などによって、葬儀の総額の費用に大きな差が出ることがあるため、なるべく多くの葬儀社に見積書を出してもらうこと肝心です。

2020年11月16日

葬儀に供花を送る際のマナーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訃報が届いて葬儀に参列はできない場合には、供花を送るケースが多いですが、その際に気をつけておかなくてはならないのが勝手に花屋に依頼して届けないようにするという点です。花屋では勿論葬儀に関する花も準備してもらうことは可能ですが、葬儀会場の雰囲気もあるのでバランスが合わなくなってしまう供花は飾ってもらえないこともあります。葬儀を執り行う会場や業者に問い合わせて、送っても問題ないか聞いてみるようにしましょう。