2021年06月28日

葬儀を終えてお別れの会を企画する際に大事なことは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通夜と告別式を済ませた後に親族や友人、関係者を対象としたお別れの会を行う場合には、より多くの人に喜んでもらえるように企画を考えたり、参加者の数や年齢層などに合った会場を手配したりすることが肝心です。葬儀に関するサポートに定評がある業者の中には、会場の手配や招待状の発送、当日の司会進行まで安心して任せられるところが多くあります。そこで、お別れの会の内容を重視したい場合には、早いうちから各地で多くの親族や関係者から高く評価されている葬儀社の取り組みについて調べたり、具体的なサービスの内容について理解を深めたりすることが大事です。

2021年06月23日

供花の相場を知っておくと安心出来ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜や告別式などの葬儀に、親戚や親族として参列する機会があります。血縁の濃い人が亡くなった時は、事前に供花を手配しておく必要があります。近くにフラワーショップがある場合は、申し込みをしておくと安心です。斎場の受付や電話でも、お供えの花を準備してくれます。親しさの度合いによっても、多少は予算が違ってきます。叔父や叔母の場合は2万円から3万円前後です。従姉弟や友人、知人などの場合は5千円から1万円前後です。

2021年06月20日

葬儀に必要となってくるものを知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀を執り行う場合、供花は必須となってきます。火葬のみを執り行う直葬であっても棺の中には花を入れることが多いです。そうなってくると花を個別に用意をすることもできますが、一般的な葬儀の場合、祭壇の周辺には花を飾ることが多いです。参列者の中で近親者に花代を出してもらうということもあるでしょう。依頼をされた場合には断ることが失礼になってしまうので、受けるべきです。もしも費用を抑えたいということであれば、香典の金額を下げるなどの工夫をしても大丈夫です。

2021年06月04日

喪服のレンタルサービスを上手に活用してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀に参列するときのマナーはたくさんあります。中でも服装や身だしなみは、大人として守らなければいけない大切なマナーの一つです。葬儀に参列するときは喪服を着用しますが、若い世代の人は用意ができておらず、訃報を受けたときに慌ててしまうケースが少なくありません。もちろん、訃報を受けたときに近くのお店に買いに行くこともできますが、様々な事情で購入するのが難しいことがあります。そんなときに役立つのが、喪服のレンタルサービスを提供している専門店です。

2021年05月16日

葬儀のマナーとして覚えておきたい供花に関する事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀斎場に行くと入口や祭壇の横に飾られているお花があります。そのお花を供花といいます。親族や親しい人の訃報を受けた際、お香典と一緒に手配の準備をするようにしましょう。また、どうしても葬儀に参列することができない場合でも、遺族に対してお悔やみの気持ちを伝えるために弔電や香典と一緒に供花を贈ることもできます。ただ、お供えの花を贈る際はマナーがあります。たとえば、お花を贈っても良いかどうかを遺族へ確認することが大切です。